暖冬がもたらすお茶への影響(桜の休眠打破からの考察)

この記事は、2020年に執筆した「2020年新茶の奔走日記」シリーズを編集したものです。

2020年は、暖冬といわれる年でした。
その影響で全国的に桜の開花が早かったです。

ところが静岡県では、逆の現象が起きていました。
日本各地で開花情報が発表されるなか、静岡の桜は開花が遅れたのです。

例年、静岡県では3月20日頃に開花情報が出ていますが、2020年はいつもより遅い「3月27日」が静岡の開花日となりました。

その理由は一体なんだったのでしょうか?

静岡で桜の開花が遅れた理由

桜

桜は、秋に葉を落とした後「花の芽」を眠らせます。
「休眠」という状態になることで活動を抑えています。

「動物の冬眠」と同じように感じますが、寒い時期にじっとして、暖かくなると動き出す「冬眠」とは、少し異なります。

開花にはきっかけが必要

休眠している桜は、「寒さ」という刺激を受けて眠りから覚めます。
そして、開花に向かいます。

つまり、寒さを感じることで「今が冬だ」と認識し、「もうすぐ春が来るぞ」と動き出すそうです。

このメカニズムを「休眠打破」(きゅうみんだは)といいます。

休眠打破(きゅうみんだは)

休眠状態にある種子・冬芽・球根などが、ある特定の刺激を受けたのち、活動状態になること。
サクラの開花には、冬期に一定期間低温にさらされる必要があることが知られる。

引用元:コトバンク

気温の変化で、季節の移り変わりを感じています。
この「気温の変化」というポイントが、2020年静岡で桜の開花が遅れた理由だと思っています。

気温の差がなく、季節の変化に気が付かなった?

年間を通して温暖な気候の静岡県では、雪が降ることは、ほとんどありません。
(一部の山間部では降ると思いますが…)
冬が寒いといっても、他の地域に比べれば暖かい方でしょう。

そこへ2020年の暖冬が影響し、気温が高かった。

そのため、桜が冬を認識できず、目覚めのスイッチが入らなかったのではないでしょうか?
いつ開花すればよいのか、タイミングを見失ってしまったようです。

では、このような暖冬のとき「お茶」には、どんな影響が出るのでしょうか?

新茶時期に多い問合せ「今年は早い?遅い?」

新茶シーズンが近づくと、定番のお問い合わせがあります。

それは「今年の新茶は早い?遅い?」です。
お客さまが新茶の状況を気にする事情はそれぞれ。

  • 「早く新茶を飲みたい!」
  • 「お茶のストックがなくなってしまい購入したいけど、少し待てば新茶がでるのかな?」
  • 「新茶の贈り物を、いつ注文しようか?」

静岡県では、御中元の代わりに「新茶を贈る」という風習もあります。
特に「八十八夜の新茶」は、健康長寿、無病息災を祈願する縁起の良いお茶で、贈り物として人気の高いお茶です。

みなさん、新茶を心待ちにしています。

自然相手のむずかしさ

お茶も植物ですので、天候状況に左右されます。
日照時間や降雨量などのデータを計測し、ある程度の予想をつけることはできます。

しかし、相手は自然ですので、人間の思う通りにならないことも。
なかなか新しい葉が出てこない年や、出てきても葉が成長するスピードがゆっくりだったり、急にグングン成長してしまうこもあります。
何が原因でそうなってしまうのか、わからないことも多いです。

また、畑の場所によっても成長の具合は異なり、同じ静岡県内でもバラつきがでます。
その年の全体傾向を探るときは、とにかく県内各地の情報を関係者たちから集めて、総合的に判断しています。

暖冬だった2020年。新茶はゆっくり成長した。

2020年に関して言えば、収穫は「早くもなく遅くもない」というタイミング。
葉の成長スピードは、ゆったりしたペースでした。
これには、暖冬の影響があったように思います。

ここからは、私の仮説です。


お茶の木にも「休眠打破」のようなメカニズムがあるのかは不明ですが、同じ「植物」なので「気温変化による活動スイッチ」が存在する可能性もあります。

しかも、植物は気温を感知するセンサーが人間の感覚より敏感で精密で、冬と春の「温度差」を、はっきり認識できると思います。

2020年は、暖冬により、高い気温が基準になりました。

春になって気温が上昇したものの、基準との差が少なく「春」を認識できなかったのではないでしょうか?
まるで「もう春だよね?出てきて大丈夫だよね?」と、様子をうかがいながら動き出したような葉の成長でした。


考察はここまで。
農家さん、製茶問屋さんとの会話を基に、ひとつの考察として、ご紹介しました。

私も毎年「新茶」を楽しみにしています

fresh_leaf

新茶シーズンは、お茶屋の繁忙期。
以前は、私もプレッシャーを感じて気が重くなることもありました。

「今年は、どんなお茶ができるのか?」
収穫の日が近づくにつれ、不安は増すばかり。
フタを開けてみなければ、わからないからです。

しかし、最近はワクワクしながら待てるようになりました。
「今年も、きっと美味しいお茶になる!」と、待っている時間も楽しんでいます。

桜が咲けば、新茶の季節は、もうすぐそこです。

>2021年の新茶が、ポストに届く。

2021年の新茶が、ポストに届く。

昨年オープンしたポスト便発送専門店「日本茶気分」
2021年、はじめての新茶販売となります

そこで『新茶キャンペーン』を開催します
日本茶気分の全商品が「5%OFFの割引セール」を開催!

新茶シーズンの5月~6月の期間限定です。
ぜひ、この機会をお見逃しなく!

STORESを利用した安心のネットショップ
スマホで手軽に注文できます
各種キャッシュレス決済も対応