「立春」と「新茶」の深い関係

2月のイベントと言えば「節分」です。

「いやいや、バレンタインでしょ?」というツッコミをした、そこのアナタ。
お気持ちは、よくわかります。
私はチョコレートが大好きなので、美味しいチョコレートがたくさん登場する「バレンタイン」は最高のイベントです。

しかしこの時期は、お茶屋として浮かれていられない状況。
実は「節分」直後の「立春」は、「新茶」と切っても切れない深い関係なのです。

「八十八夜」は「立春」からカウントがはじまる

新茶にまつわるキーワードとして「八十八夜」(はちじゅうはちや)という言葉があります。
「立春」から数えて「88日目」を指し、新茶シーズンのピークの代名詞でもあります。少し気の早い話かもしれませんが、88日後は、新茶商戦の真っ只中。

つまり「立春」を迎えると、お茶屋にとって一番大切な「八十八夜」へのカウントダウンがついに始まるのです。いよいよ本格的に新茶に向けて準備をすすめる節目でもあります。

ちなみに、2021年の八十八夜は「5月1日」です。

昨年の記事ですが「八十八夜」について説明しています。

ホームページも「春」のイメージに変更

「立春」とは「冬が極まり春の気配が立ちはじめる日」で、季節としては「春」が始まったことになります。

昨年からホームページのメインカラーを季節ごとに変えています。
そこで2月3日から「春」のイメージに変更しました。

「八十八夜」までのカウントダウンを表示

そして今年は初の試み。
2021年5月1日の八十八夜までの「カウントダウン」をトップページに表示します。

今年は、どんな新茶ができるのか、私も今から期待して楽しみ。
ぜひ、私と一緒にカウントダウンをして、今年の新茶を迎えましょう!

ここからは余談ですが、2021年の「節分」と「立春」についても説明します。

2021年の「節分」と「立春」について

節分といえば「2月3日」、そして立春は「2月4日」というイメージが強いですが、2021年はその日が変わります。

実は、どちらも「何月何日」と決まっているわけではなく、天文学の観測による計算で決まっています。
ざっくりとした説明ですが、地球が太陽の周りを一周する時間が「365日」ピッタリではなく、わずかなズレがあるため、調整されています。

2021年の節分は「2月2日」

「節分」について調べた結果、なんと「2月2日」になるのは、124年ぶりでした。
個人的には、日にちが変わったことより、そんな昔から計算されていることに驚きです。

「鬼は外~!福は内~!」の掛け声で鬼を退治する豆まき。
各家庭で親が「鬼の面」をかぶって豆を受ける姿は、まさに節分という光景です。
小さいお子さんが、怖がって泣いてしまうのもよくあることでしょう。

ところが、今年はしっかり鬼退治ができたという、Twitterの投稿を見かけました。
昨年(2020年)大ヒットした「鬼滅の刃」が影響しているみたいです。
キャラクターの影響力は、大きいですね。

そして、近頃は「恵方巻」を食べる習慣も全国で浸透しています。
我が家も「手巻き寿司」が恒例となりました。

2021年の立春は「2月3日」

「立春」についても調べたところ、37年間「2月4日」が続いていました。
なんとなく「節分」の次の日というイメージもありますが、2021年は「2月3日」です。しかも「1分差」という特殊な年でした。

1分差の影響

先ほども出てきましたが、天文学の観測から「立春」が定められています。
それは「太陽黄経が315度になった瞬間が属する日」となります。

そして観測によると2021年の立春の瞬間は「2月3日23時59分」。
したがって、属する日として「2月3日」が「立春」になったのです。
あと1分遅ければ「立春」は「2月4日」だった。
これが1分差の意味です。

これから100年間ぐらいは、立春が「2月3日」になったり「2月4日」になったり、年によって変わってきます。

それに伴って「八十八夜」も変動するでしょう。

八十八夜までのカウントダウンを一緒に楽しみましょう

今年初挑戦の「八十八夜までのカウントダウン」。
楽しんでいただけたようでしたら、ぜひコメント欄に感想を送ってください。.

>2021年の新茶が、ポストに届く。

2021年の新茶が、ポストに届く。

昨年オープンしたポスト便発送専門店「日本茶気分」
2021年、はじめての新茶販売となります

そこで『新茶キャンペーン』を開催します
日本茶気分の全商品が「5%OFFの割引セール」を開催!

新茶シーズンの5月~6月の期間限定です。
ぜひ、この機会をお見逃しなく!

STORESを利用した安心のネットショップ
スマホで手軽に注文できます
各種キャッシュレス決済も対応